スライムパンク防止剤によるバルブ腐食の問合せと回答

 何度も何度も考えて、躊躇して、悶々としながら過ごしてきましたが、スライムパンク防止剤についてのサイクルベースあさひさんの考え方を知って頂くことは公益性が有ると判断して、公開することに致しました。

 問合せをしようと思ったきっかけは、「久しぶりのペダルタップ」記事に書いたバルブ根元の腐食とバルブコアの腐食です。

 「遠吠えではしょうがないので」で既報のとおり「サイクルベースあさひ お客様相談室」に問合せ(2016.12.02)しました。

 その後の、「サイクルベースあさひ お客様相談室」とのやり取りの結果です。

 公開当初は、ブログ記事のまま、文書のスタイルのみ変更して表示していましたが、ブログ記事以外のスライムに関する回答を得られなかった問い合わせも追加しています。

 個人名の部分だけは同一性を損ないますが、個人情報に当たると考え伏字に致します。

   問い合わせ内容 回答 
 1



 埼玉県川越市にて「サイクルメンテあのこら」という屋号で自転車の出張修理を営んでおります。
時折ですが、御社にて販売されているスライムをお見掛けします。
パンク修理(空気漏れ)でお伺いした際、バルブコアの腐食による空気漏れがあります。
スライムのシールが貼ってあり、スライムが入っているチューブのみで発生しており、バルブ腐食の原因はスライムだと断定しておりますが、お客様には、スライムがバルブコアを腐食して、エアー漏れが発生する可能性は説明され、お客様はその危険性よりパンク防止の効果を選択されて購入されているのでしょうか?

お客様が、バルブ腐食の可能性をご存じでお客様の責任においてご使用なら、修理業者としても躊躇することなく修理料金を頂くことができます。
現実にはバルブ腐食の危険性をご存じないお客様ばかりです。

もし、バルブ腐食の危険性を説明されないままスライムを勧めておられるなら、バルブ腐食による空気漏れの責任は、御社に帰するものだと考えます。

お客様に確認して、腐食の危険性を認識されていなかった場合、修理費用はお客様ではなく、御社に請求させていただきたいと考えております。
請求先の部署、請求に必要なエビデンスをご教示いただきたく、お願いいたします。

同じジレンマを抱えておられる、自転車店様、自転車出張修理業社様が、大勢いらっしゃると思いますので、できればご回答は、公開で頂きたく、お願いいたします。
 南 友二郎 様
弊社ホームページよりお問合せいただき、誠にありがとうございます。
弊社にて取り扱いしております、「Slimeパンク防止剤」についてご意見を賜りまして、誠にありがとうございます。

Slimeパンク防止剤の主な成分は、無毒・不燃・水で容易に洗い流せる繊維と水で構成されている、安心安全な商品です。

販売メーカー様の取扱説明書には、バルブコアへ与える影響について記載されておりませんことと、弊社でも社内試験を実施し、こうした成分がバルブコアへ影響を与える可能性は非常に低く、日常的にご利用いただいて問題の無い商品と考えております。

貴店様の修理費用を弊社にご請求いただきましても、弊社で負担いたしかねる旨、ご理解賜りますようお願いいたします。

以上、十分なご案内であるか分かりかね大変恐縮ではございますが、少しでもご参考になれば幸いでございます。
なお、弊社の許可なく回答の内容の一部または全部を転用・二次使用し、開示することは、かたくお断りします。
株式会社あさひ お客様相談室 担当:○○○○
〒534-0011
大阪市都島区高倉町3-11-4
フリーダイヤル 0120-177319 (受付時間 平日10:00~17:00)  
 2



 株式会社あさひ お客様相談室 担当:○○○○様
サイクルメンテ あのこら 南です。
突然の質問に、早速のご回答ありがとうございます。
頂いたご回答につきまして、下記確認したくお願いいたします。
まず、戴いた回答につきまして、当店ブログで質問を公開いたしており、戴いた回答を公開することの許可を頂きたくお願いいたします。

当店だけではなく、いろんな自転車屋さんがブログ等でスライムによるバルブ腐食の記事をアップされているのは、「自転車バルブ 腐食」で検索していただければ、お分かりになると存じます。

記事を公開することで、スライムでのバルブ腐食がいわれのない間違った認識だと周知できる可能性があると存じますので、是非許可をお願いいたします。
ここまでの質問は、再度ブログにて公開させていただく予定です。

以下は、頂いたご回答の内容を類推させる可能性がありますので、許可を頂くまで公開は致しません。

バルブコア腐食とスライムの注入に因果関係がないため、バルブコア腐食については、スライムを販売した御社に責は生じないとの御見解でしょうか?
あるいは、
腐食があったとしても、取扱説明書にバルブコア腐食について記載をしなかったスライム販売メーカーに責があり、御社は取扱説明書に従って販売したのであり、責は御社に無いとのご見解でしょうか?
あるいは、
スライムによるバルブコアの腐食など有りえず、バルブコアの腐食は、別な要因によるものをスライムと結び付けているとのご認識でしょうか?
この場合は、御社内で、バルブ腐食の修理事例と、スライム注入の有無を調査して頂きたいとお願いいたします。

社内試験を行われて、「バルブコアへ影響を与える可能性は非常に低く」とご回答にありますが、
可能性は0ではなかったということでしょうか?
あるいは、
試験の範囲で影響は認められなかったが、代用試験の為、見落としている可能性があるということでしょうか?

バルブコア腐食の修理費用についてお支払いいただけない根拠をもう少し詳しくお教えください。
よろしくお願い致します。
 南 友二郎 様

弊社宛にご返信いただき、誠にありがとうございます。

同業者様であれば、自転車の安全利用の為に、定期的な
点検・メンテナンスがいかに重要かは、ご理解いただけると存じます。
弊社としましても、自転車をご愛用いただく全てのお客様へ、定期的な 点検・メンテナンスを推奨しております。

消耗品にあたる、虫ゴムやバルブコアを含むタイヤ・チューブについては、品質保証の対象ではありませんが、弊社で実施する点検の際、虫ゴムや バルブコアに異常が確認できましたら、虫とコアをセットで無料交換して おります。
また、弊社で承るパンク修理の際にも、同様の確認と交換をいたします。


バルブコアは金属製品である以上、経年と共に劣化・腐食します。
しかしながら、実質、バルブコアよりも虫ゴムの方が早期に劣化いたしますので、バルブコアが腐食するよりも早く、セット交換に至ります。

少なくとも1年に1回の点検を推奨しております為、コアが腐食した状態でご利用いただくケースは非常に稀であり、また腐食していたとしても十分にその役目を果たしたものと考えます。

パンク防止剤に水分が含まれている以上、金属の腐食原因になる可能性は否定できません。しかしながら、先述の通りバルブコアが腐食するよりも 早期にセット交換に至りますので、日常的にご利用いただいても、何ら問題
無い商品と考えております。


以上、ご回答いたします。

重ねてのご案内となりますが、弊社からの回答は南様個人に向けた内容 です。弊社の許可なく回答の内容の一部または全部を転用・二次使用し、開示することは、かたくお断りします。

株式会社あさひ お客様相談室 担当:○○○○
〒534-0011
大阪市都島区高倉町3-11-4
フリーダイヤル 0120-177319 (受付時間 平日10:00~17:00)
  問合せ日;2016/12/07

このような文面で、要約を公開したいとメールしました。
回答日;2016/12/07に含む?
 3



 株式会社あさひ お客様相談室 担当:○○○○様

サイクルメンテ あのこら 南です。

前回のご回答では、言及頂けなかったスライムによるバルブコアの腐食の存在をお認め戴き、一歩前進できたこと嬉しいです。

○○○○様のおっしゃられる通り、自転車は、ブレーキシュー、各種ワイヤー、ベアリングを有する回転部、タイヤ、虫ゴム、チェーン、スポーク、ニップル、チューブ等、摩耗や経年劣化、金属疲労で消耗したり交換が必要になったりする部品の集合体で、長く初期性能を維持するには、点検調整が欠かせない商品です。

御社が、お客様に、定期的な点検・メンテナンスを推奨されていることには敬意を表します。

確かにすべてのお客様が、御社営業所にて定期的な点検・メンテナンスを受けられれば、バルブコアの腐食は問題とならないでしょう。
しかし、お客様の価値観や、行動は様々で現実は御社での点検を受けていらっしゃらないお客様が少なからずおられます。

私も、微力ながら、お客様に定期的な点検・メンテナンスを推奨していきたいとは存じますが、実際に点検・メンテナンスを受けられるかどうかは、お客様にゆだねるしかありません。

「スライムを注入することでバルブコアの腐食の可能性がありますので、点検に来ていただければ虫ゴムの劣化が確認された時に、バルブも同時に交換して腐食から回避できるようにいたします。」と御案内して頂ければ、点検を受けない方が減ると思われますがそのようなご案内はなされているのでしょうか?

スライムは、ちゃんと空気圧の管理をしていれば、緊急時のパンクトラブルを回避できる、通勤通学に自転車を使用するお客様にとっては素晴らしい商品だと思います。

しかし、十分な商品説明がなく、不具合の発生する可能性を知らされずに注入されたお客様に、「定期的な点検・メンテナンスを受けていれば、問題ない商品です。」と後出しの説明をされても納得は得られないのではありませんか。

バルブコア腐食でエアー漏れをしたお客様に、
「スライムは、水を含んでいるのでバルブを腐食する可能性があって、CBAさんでは点検時に虫ゴムの不具合が有ったらバルブコアも交換して未然にバルブコアの腐食による空気漏れ被害を防ぐ対処をされているそうです。
お客様は、点検を受けておられないので、バルブコアが腐食して空気漏れを起こしました。
点検を受けなかったからだと諦めてください。」
と説明して、修理料金を頂いたら、お客様はどんなお気持ちになると思われますか。

点検を受ければよかったと悔やまれるお客様と、そんな説明は聞いていないとお怒りになるお客様、どちらが多いでしょうか

御社のブランドイメージは、スライム注入で確実に下がっていると思います。
目先の利益だけに囚われず、御社のブランドイメージ向上のためにも、スライム販売時の詳細な商品説明をお願いいたします。

「バルブコア腐食の修理費用についてお支払いいただけない根拠をもう少し詳しくお教えください。 」とお願いしましたが、ご回答は論点がずれています。
再度お願いいたします。
スライムによるバルブ腐食で、不利益を被ったお客様への御社としての救済策をお教えください。

重ねてですが、戴いたご回答の公開を許可頂きたく、お願いいたします。
 南 友二郎 様

弊社宛にご返信いただき、誠にありがとうございます。

はじめに、重ねてのご案内となりますが、弊社の許可なく回答の内容の 一部または全部を転用・二次使用し、開示することは、かたくお断りします。
今後、いかなる形であっても許可することはございませんので、あしからず ご了承願います。

先般のメールでも触れましたが、消耗品にあたる、虫ゴムやプランジャーを含む、タイヤ・チューブは品質保証対象外部品です。
パンク防止剤の有無に関わらず、品質保証が適用されない部品です。

しかしながら、工業製品で不良品が極めて少ないとはいえ、各部品の 単品不良の可能性がございます。
弊社としても、保証対象外だからと言って、一律に全てをお断りするわけではございません。お客様からお申し出いただいた際には、こうした部分も考慮して対応をいたします。

しかし、そうした対応も私共とお客様の間の個別対応となりますので、南様へ開示するような内容ではございません。

重ねてとなりますが、品質保証対象外部品に対して、請求されましても弊社としましてはお支払する根拠がございません。

また、この度のご意見を参考に、取扱説明書の記述や、販売時の説明方法については、前向きに検討いたします。

当方としては、これ以上この件で問答を繰り返しても、無益な議論になることと存じ、勝手ながら、この返答を最後に、ご返信を打ち切らせて いただきます。

以上、ご回答いたします。

株式会社あさひ お客様相談室 担当:○○○○
〒534-0011
大阪市都島区高倉町3-11-4
フリーダイヤル 0120-177319 (受付時間 平日10:00~17:00)
  問合せ日;2016/12/07

 株式会社あさひ お客様相談室 担当:○○○○様

サイクルメンテあのこら 南です。

論点は多少ずれながらも、真摯にご対応頂いておりましたので、頂いたご回答を開示することは控えておりました。

無益な議論とのことで、これから先に進む道を御社から断たれてしまいました。

議論の内容が、無益なものであったかどうか、世の判断に問いたいと思いますので、質問及び御社から頂いた回答は、無許可は承知の上で開示させていただきます。

要約の添削には応じて頂けないようですので、要約では却って誤解を招くかもしれませんので、原文のままで公開させていただきます。

公開先のアドレスは、 http://anocora.cocolog-nifty.com/ です。
削除を要請されるなら、
https://support.nifty.com/support/madoguchi/html/form_inform.htm が権利侵害の申し立て窓口となります。

*一旦は内容を公開するブログを書きましたが影響範囲が読めなかった事。
公開に伴う、裁判沙汰などへの覚悟が出来ていなかったため、すぐに削除しました。
 回答なし
  問合せ日;2016/12/11

 このような文面で、転用の許可をお願いしたいとメールしました。
 回答なし
  問合せ日;2017/01/04

 御社で販売されているslime チューブシーラントについてですが、 ラベルに記載のwww.slime.comでは、slime チューブシーラントのSDSを発行、公開されています。
http://www.slime.com/uploads/Slime-Inner-Tube-Sealant-EU.pdf
*今はこちらに代わっています

日本語化されたSDSを入手したいのですが、よろしくお願いいたします。
 回答なし
  問合せ日;2017/06/10

 埼玉県川越市にて「サイクルメンテあのこら」という屋号で自転車の出張修理を営んでおります。

以前に、品質保証対象外のスライム入りチューブにつきまして、バルブ腐食によって起こったパンク修理費用を御社に請求したいと大変失礼な問い合わせを致しまして申し訳ありませんでした。

その後は、お客様から修理費用は頂いております。

2年経過して、性能保証がなく、腐食の危険性のあるスライム(パンク防止・修理剤)をそのままチューブ内に放置する事は出来ず性能保障期間を過ぎたスライム(パンク防止・修理剤)はチューブ内から除去しております。

その作業中に、http://anocora.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-9c0a.htmlに記載した通り、絞り出したスライムが既定の充填量に満たないケースに連続して遭遇いたしました。

御社でのスライム充填時には 当然規定量を充填されていると思うので、絞り出した量が少ない理由が分かりません。

減少する要因をお教え頂きたくお願いいたします。
 回答なし
  問合せ日;2017/07/12

 埼玉県川越市にて「サイクルメンテあのこら」という屋号で自転車の出張修理を営んでおります。

以前に、品質保証対象外のスライム入りチューブにつきまして、バルブ腐食によって起こったパンク修理費用を御社に請求したいと大変失礼な問い合わせを致しまして申し訳ありませんでした。

その後は、お客様から修理費用は頂いております。

問い合わせて、御社から頂いた回答につきましては、公開の許可を再三お願いいたしましたが、許可いただけず、「弊社の許可なく回答の内容の一部または全部を転用・二次使用し、開示することは、かたくお断りします。 」に従って、一瞬ですが公開したブログは削除し、今日まで公開を控えておりました。

http://www.anocora.com/cyclemainte/product/index.htmlに記載の通り、免責の要件に合致すると判断できたこと、たとえ裁判になっても受けて立つ覚悟が出来たことから、7月20日を目途で公開させていただくことといたしました。

公開に当たって、追加を望まれる回答がございましたら、7月19日までにご連絡を頂きたく、お願いいたします。

以前にもお伝えしましたが、 公開先のアドレスは、 http://anocora.cocolog-nifty.com/ です。
削除を要請されるなら、
https://support.nifty.com/support/madoguchi/html/form_inform.htm が権利侵害の申し立て窓口となります。
 回答なし

回答を貰って感じたことなど

 改めて回答を読み返してみると、
 デメリットをご存じないままスライムパンク防止剤を注入されたことによって生じた損害救済を求めているのに対して、

 品質保証対象外部品に対して、請求されましても弊社としましてはお支払する根拠がございません。
という返答で、説明不足は認めて頂けていませんし、損害賠償責任も認めて頂けていません。

 そういった論点のずれを埋める段階に来ていたので、残念な回答打ち切りでした。

 私なら、社内では、不具合に対する回避策が出来上がっているのですから、バルブ腐食の可能性はお客様に告知して、「点検を定期的に受けて戴ければ不具合発生前に該当部品は交換しますので、回避できる不具合です」と説明します。

 スライム入りチューブのパンク修理を断る自転車屋さんが多いことに対しても、後出しで「あさひではちゃんと修理します」といっても、だまされたと怒りの収まらないお客様が出てきます。
 夏目あいかのvita unica(ヴィータ・ウニカ)さんの[サイクルベースあさひからの回答]記事
なども、あらかじめ
 「町の自転車屋さんではスライム入りのチューブはパッチ貼り不能といってチューブを交換されるケースが有りますが、当店ではスライム入りでもちゃんとパッチ修理します。」と事前に伝えていれば、不信感ではなく、信頼に繋がったのではないでしょうか?

 Slimeパンク防止剤のサイトでは、異物以外の原因によるパンク以外は防げないことや、空気をしっかり入れていないと効果を発揮できないこと、防げる穴のサイズに限界があることなど、使用上の注意点は明確に表示され、Slimeパンク防止剤を注入したお客様への注意書きも存在するようです。

 スライムパンク防止剤 被害低減プロジェクトでデメリットの纏めをしている中で、気づいたのが、Slimeパンク防止剤には注入後の有効期限があるのに、この点については、販売サイトでは表示されていません。
 的を得ているかどうかは分かりませんが、こちらのブログの通り、不記載の理由を考察してみました。

 後日、スライムパンク防止剤について調べていて判明したことですが、一通目の回答には誤った認識が有ります。

I’ve heard Slime will ruin my rims, is that true?
Our Slime Sealant for tubeless tires is formulated with rust and corrosion inhibitors as well as a pH buffer making the product more alkaline. All of these ingredients work to protect the integrity of your rim. It is important to note there are factors which can allow damage to occur in spite of this. If you want to err on the side of caution, you can use Slime as a roadside repair. All you need is Slime and an air compressor! Slime can have an adverse effect on certain types of aluminum rims. Because alloys differ, it is difficult to predict how Slime will react with your rims specifically. Over the years, though, we have found that older rims are more susceptible to damage from Slime. Make sure that, if you have tubeless tires, you are using our tubeless formula. Our inner tube formula does not contain rust and corrosion inhibitors. Do not leave Slime inside your tires for more than 2 years. After that time, we cannot guarantee the integrity of your rims. If pre-existing damage is present, we do not recommend using Slime.

www.slime.com/ Frequently Asked Questionsから引用

Q.スライムがリムを損傷すると聞いたが、本当か?
A.チューブレスタイヤ用の当社のスライムシーラントには、錆や腐食防止剤、pH緩衝液が配合されており、製品のアルカリ性を高めています。これらの成分はすべてあなたのリムの完全性を保護する働きがあります。それにもかかわらず、損傷が発生する可能性のある要因があることに注意することが重要です。慎重に誤っている場合は、スライムを路側の修理として使用することができます。スライムと空気圧縮機だけが必要です!スライムはある種のアルミニウムリムに悪影響を及ぼす可能性があります。合金は異なるので、スライムがあなたのリムとどう反応するかを予測することは困難です。しかし、長年にわたり、我々は古いリムがスライムによる損傷の影響を受けやすいことを発見しました。チューブレスタイヤを使用している場合は、チューブレス用を使用していることを確認してください。私たちのチューブ用には、錆や腐食防止剤は含まれていません。スライムを2年以上タイヤの中に放置しないでください。その後、お客様のリムの完全性を保証することはできません。既存の損傷が存在する場合は、スライムの使用をお勧めしません。

 サイクルベースあさひさんが、取り扱いを開始したころには、記載されていなかった内容かもしれませんが、販売メーカーのFAQには、スライムパンク防止剤が金属を腐食する可能性が明記されています。

 もし、この記事をサイクルベースあさひさんの社員の方が見ておられましたら、
Slimeパンク防止剤によって発生するバルブ腐食の説明が足りなかった責任を感じて戴き、説明不足で損害を受けられたお客様への救済策の実施と、今後はしっかりデメリットをお客様に告知し、デメリットに対しての解決方法の説明をし、お客様が正しい商品知識を得た上で、商品の購入の選択を出来るように販売方法の改善をお願いいたします。

回答の骨子

・Slimeパンク防止剤を使用するうえでデメリットは存在するか。
・デメリットの説明責任は有るか
・賠償責任は有るか
の三点が争点だったと思います。

 頂いた三通の回答では、お客様にとってのデメリットの否定のみで、説明責任についての言及がなく、そのために賠償責任についても納得できない回答になっています。
 確かに、医薬品や化粧品などとは異なり、副作用やデメリットなどの説明義務はない商品のようですが、サイクルベースあさひさんとして、デメリットの存在を知りながら、お客様に説明せず販売することは、お客様への背信行為ではないでしょうか?

 一通目の回答では、完全には否定されていませんが、デメリットの存在を否定する方向で、それ以降の説明責任も。賠償責任も存在しないとの立場を取られているようです。

 2通目では、デメリットの存在は認めつつ、自社内での対応状況を説明されて、デメリットは問題にならないとの主張のようです。
 お客様にとってのデメリットはないので説明責任はないとの事のようです。

 3通目では、商品の説明を前向きに検討と回答されましたが、現在まで、サイトの記述に変更は有りません。
 支払いについても、保証対象外部品故に、個別のお客様の個別の事象では交換もあり得るとしながら、請求されても支払いは出来ないと否定されました。

 デメリットの存在は認めながら、お客様への説明は不要とのスタンスのようです。
 サイクルベースあさひさんの社内では、Slimeパンク防止剤の販売方法に異を唱えることはタブーなのかと思ってしまいました。

被害の救済は有るのか

 Slimeパンク防止剤が時間の経過でバルブコアを腐食させることが問題で、その点の説明が不足していたことによってお客様が不利益を被っています。
 保証対象の部品であるかどうかは無関係です。

 現状のサイクルベースあさひさんの考え方では、当店のような修理業者は、直接の利害関係者となりえませんので、費用の請求をすることが出来ません。

 実際に被害を受けられたお客様なら、3通目の回答に「弊社としても、保証対象外だからと言って、一律に全てをお断りするわけではございません。お客様からお申し出いただいた際には、こうした部分も考慮して対応をいたします。」と有りますので、申し出てみる価値は有るのかもしれません。

ブログには多くの励ましのコメントを頂きました。

 こちらで、ブログへのコメントをご覧いただけます。
 
 自転車メモなど(作成中)さんのサイトでは、費用請求には否定的な解説を頂きました。
●「バルブ腐食は定期的にメンテナンスすれば防げるから問題はない」というスライム販売側の考え方と