ブレーキの点検・調整

ブレーキレバーの余裕

ブレーキを掛けた時、ブレーキレバーがハンドルに当たるようになると、ブレーキが効きません。

ブレーキをしっかり掛けた時、ハンドルとブレーキレバーの間に指1本半ぐらいの余裕があるように調整します。

ブレーキ調整

日常点検ではブレーキワイヤーの張りで調整しますがブレーキの種類で調整場所が異なります。

シティ車のサイドプルブレーキ

下図の赤丸のネジを反時計方向に回すと、ワイヤーが張って、ブレーキレバーを握りこまなくてもブレーキが効くようになります。

ブレーキのワイヤーを固定しているネジ(青矢印)がしっかり締まっていることを確認して、赤丸のネジで調整します。

調整後、緑矢印のネジを指で締めて、赤丸のネジが弛まないようにします。

赤丸のネジの下部が見えなくなったら、ブレーキのゴム(ブレーキシュー)は交換時期になっています。

シティ車の後輪のブレーキは、あまり調整の必要がありません。

クロスバイクのVブレーキ

使われているブレーキレバーもちょっと形が違います。 ブレーキレバー側で調整します。
赤丸のネジを反時計方向に回すと、ワイヤーが張って、ブレーキレバーを握りこまなくてもブレーキが効くようになります。

調整後、緑矢印のネジを指で締めて、赤丸のネジが弛まないようにします。

赤丸のネジが抜けたら、ブレーキのゴム(ブレーキシュー)は交換時期になっています。

クロスバイクは後輪のブレーキも、調整が必要です。

ブレーキシューの交換時期

ブレーキシューの交換時期は、溝の残りが黄色の線で示した1mmになった時です。

まだ無理に使うことは出来ます。

このように、シュー内部の金属が見えている時は、

金属が、リム(タイヤが嵌っている輪)を削ってしまうため、交換が必要です。

ブレーキワイヤー

錆びやほつれをチェックし、ワイヤーが切れかかっている場合、交換をお勧めします。

上図のワイヤーの出入り口と、タイコの受け部に油分がなければ、グリスを注油します。