パンク修理のご依頼前に

以外に多いのが、
 パンクではなく、バルブ(空気を入れる部分)のゴムの不良に拠る空気漏れです。
 ご依頼を受けると、確実な修理の為、チューブをチェックしますので、
 パンクチェック代600円が発生します。
 簡単に交換できますので、
 パンクに思い当たることがなく、2年以上虫ゴム(バルブの中のゴム)を交換されていない時は、
 山田自転車様の手順を参考に、交換してみてください。
 虫ゴムは、自転車店、ホームセンターや百円均一の自転車コーナーで購入できます。

ついで、
 空気を入れるだけで済んでしまうケースです。
 自転車のチューブは、分厚い風船のようなものです。
 放っておくと 自然に空気が抜けます。
 1カ月で7~8割ぐらいに減ります
 2~3年乗っていないと、殆ど空気のない状態になります。
 空気の入れ方を参考に、空気を入れて、様子を見て下さい。
 2~3日で空気が減るようなら、パンクです。

更に
 空気を入れる時に、ゴムのキャップを外しますが、
 その時、キャップの下のナットが緩んで空気が抜けることがあります。
 緩んでいたら、手で絞めなおして空気を入れてみてください。

もう一つ
 空気入れのゴムホースが切れていることがあります。
 空気が入らない時は、空気入れもちょっと疑ってください。