株式会社あさひ お客様相談室 担当:○○○○様

サイクルメンテ あのこら 南です。

下記内容で、ブログにて経緯を記事にしたいと考えております。

内容に、過不足、間違いがございましたら、ご指摘を頂きたく、お願いいたします。



バルブコアとバルブの腐食に遭遇したのがきっかけで、あさひ店舗サービス・製品お問い合わせフォームから以下の問い合わせをしました。

-----------------------------------------
埼玉県川越市にて「サイクルメンテあのこら」という屋号で自転車の出張修理を営んでおります。
時折ですが、御社にて販売されているスライムをお見掛けします。
パンク修理(空気漏れ)でお伺いした際、バルブコアの腐食による空気漏れがあります。
スライムのシールが貼ってあり、スライムが入っているチューブのみで発生しており、バルブ腐食の原因はスライムだと断定しておりますが、お客様には、スライムがバルブコアを腐食して、エアー漏れが発生する可能性は説明され、お客様はその危険性よりパンク防止の効果を選択されて購入されているのでしょうか?

お客様が、バルブ腐食の可能性をご存じでお客様の責任においてご使用なら、修理業者としても躊躇することなく修理料金を頂くことができます。
現実にはバルブ腐食の危険性をご存じないお客様ばかりです。

もし、バルブ腐食の危険性を説明されないままスライムを勧めておられるなら、バルブ腐食による空気漏れの責任は、御社に帰するものだと考えます。

お客様に確認して、腐食の危険性を認識されていなかった場合、修理費用はお客様ではなく、御社に請求させていただきたいと考えております。
請求先の部署、請求に必要なエビデンスをご教示いただきたく、お願いいたします。

同じジレンマを抱えておられる、自転車店様、自転車出張修理業社様が、大勢いらっしゃると思いますので、できればご回答は、公開で頂きたく、お願いいたします。
----------------------------------------

 
*アサヒさんからの最初の回答の要約です。*

*「スライムの成分は安心・安全です、バルブコアへの影響については取説に記載がないこと、社内試験でも可能性が低いことが確認されています。
支払いはできません。」*

再度、問い合わせをした内容です。
----------------------------------------
突然の質問に、早速のご回答ありがとうございます。
頂いたご回答につきまして、下記確認したくお願いいたします。

まず、戴いた回答につきまして、当店ブログで質問を公開いたしており、戴いた回答を公開することの許可を頂きたくお願いいたします。
当店だけではなく、いろんな自転車屋さんがブログ等でスライムによるバルブ腐食の記事をアップされているのは、「自転車 バルブ 腐食」で検索していただければ、お分かりになると存じます。

記事を公開することで、スライムでのバルブ腐食がいわれのない間違った認識だと周知できる可能性があると存じますので、是非許可をお願いいたします。

ここまでの質問は、再度ブログにて公開させていただく予定です。
以下は、頂いたご回答の内容を類推させる可能性がありますので、許可を頂くまで公開は致しません。

バルブコア腐食とスライムの注入に因果関係がないため、バルブコア腐食については、スライムを販売した御社に責は生じないとの御見解でしょうか?
あるいは、
腐食があったとしても、取扱説明書にバルブコア腐食について記載をしなかったスライム販売メーカーに責があり、御社は取扱説明書に従って販売したのであり、責は御社に無いとのご見解でしょうか?
あるいは、
スライムによるバルブコアの腐食など有りえず、バルブコアの腐食は、別な要因によるものをスライムと結び付けているとのご認識でしょうか?
この場合は、御社内で、バルブ腐食の修理事例と、スライム注入の有無を調査して頂きたいとお願いいたします。

社内試験を行われて、「バルブコアへ影響を与える可能性は非常に低く」とご回答にありますが、
可能性は0ではなかったということでしょうか?
あるいは、
試験の範囲で影響は認められなかったが、代用試験の為、見落としている可能性があるということでしょうか?

バルブコア腐食の修理費用についてお支払いいただけない根拠をもう少し詳しくお教えください。

よろしくお願い致します。
----------------------------------------

*アサヒさんからの2度目の回答の要約です。*

*「年一回の定期的な点検メンテナンスを推奨しており、点検、パンク修理時に虫ゴム、バルブコアに異常があれば、セットで無料交換しています。
バルブコアよりも虫ゴムの方が早く劣化しますのでバルブコアが腐食した状態で使用されるのは非常にまれです。
スライムは、水を含んでいるのでバルブを腐食する可能性は否定できませんが、先に述べた通り腐食に至る前にセットで交換されるため、パンク防止剤に日常使用の問題はないと考えています。」*

今、3度目の問い合わせ中です。

記事内容は以上です。
よろしくお願いいたします。

-- 
〒 350-0816
埼玉県川越市上戸91-9
サイクルメンテ あのこら
 南 友二郎 
tel;090-6701-8633
http://www.anocora.com/cyclemainte/